集團概況-凯发娱乐官网

  • 集團網群

産業レイアウト
インターネットの新時代において、産業エンドから消費者エンドまで、新しいテクノロジー、新しいモデル、新しいビジネスモデルが必要に応じて生み出される。 産業のアップグレード、協力・ウィンウィン、エネルギー、テクノロジー、デジタルの統合開発は、「カーボンニュートラル」の達成のめたに強力な新エネルギーを注入する
投資家
集團網群
集團網群
投資家

協シングループの概況

about gcl

協シンについて
scroll down
協シングループの概況
グリーンエネルギーを生活にもたらす

bringing green power to life

協シン(グループ)持株会社(以下「協シングループ」という)、風力発電・太陽光発電・エネルギー貯蔵・水素エネルギー・新エネルギーネットワークとソース・グリッド・ロード・ストレージを一体化し、様々な新エネルギー、クリーンエネルギーを主として、天然ガス、モバイルエネルギー、国家レベルの集積回路のコア材料などの関連産業を共同発展し、先行するグリーン低炭素ゼロ炭素科学技術による革新発展を導く民営先導企業である。本グループは、グリーンエネルギー科学技術で企業の革新的発展という理念を堅持し、「カーボンピーク」と「カーボンニュートラル」の時代における「テクノロジー協シン」、「デジタル協シン」、「グリーン協シン」を作ることを目指する。

現在まで、協シングループの総資産はほぼ 2000 億元に達し、年間営業利益は何年も連続して 1000 億元を超えて、傘下にa 株と h 株に上場する会社のポリ協シン (03800.hk) 、協シンシステムインテグレーション (002506.sz)、協シン新エネルギー (00451.hk)、および 協シンエネルギー科技 (002015.sz) が含まれ、3万人近い従業員がおり、そのうちの2800人余りはエネルギー分野のハイテク専門の人材である。グループは長年連続して世界のトップ 500 の新エネルギー企業の第 4 位、中国のトップ 500の新エネルギー企業の第 1 位、中国のトップ 500 の民間企業のトップ 80 にランクインした。協シングループは、グローバル太陽光理事会議長ユニット、アジア太陽光発電産業協会議長ユニット、中国電力企業連合会副理事長ユニットである。

創立以来33年、協シングループは科学技術による企業を興し、デジタル化・グリーン化の道を取り、シリコン材料、カーボン材料、リチウム材料材などに焦点を当て技術革新を進めてきた。太陽光発電分野におけるシーメンス法(gcl法)を創り出し、外国の独占を打ち破り、太陽光発電電力網は平価から低価格へのコストダウンプロセスを開始した。協シングループは、粒状シリコン、ペロブスカイト、半導体材料、正負極材料を含む一連の業界最先端のゼロカーボン技術を開発した、中国で最初の民間電力企業の1つであり、そのクリーンエネルギーの設備容量の割合は業界を上回っている。協シンは、完全に垂直統合された太陽光発電産業チェーンを持っている。協シン は、国家集積回路産業投資基金と協力して、国家重大科学技術02特別プロジェクトを実施しており、集積回路用の電子グレードのポリシリコン、12インチシリコンウエハー、および大型ウエハーにおける「チャイナ チップ」製造材料の輸入代替技術と生産能力を持っている数少ない国内企業の1つである。これは国家発展改革委員会と工業情報化部によって検証された。

協シンは「党の指導に従って進む」という原則を堅持し、「赤い精神」でグリーンな発展を推進する。習近平総書記の新しいエネルギー安全保障戦略に基づいて、高品質の発展を推進することに注目し、エネルギー生産と消費の革命をの推進を加速させ、クリーンで低炭素、安全で効率的なエネルギーシステムの構築を支援し、習近平の生態文明思想、カーボンピークとカーボンニュートラルの目標、および「4つの革命と1つの協力」というエネルギー安全新戦略の積極的な実行者となる。現在、協シングループには12つの党委員、5つの総党支部、120の党支部が設けられて、3000人以上の党員がいる。さらに、協シングループはcpc先鋒の模範的な役割と党組織の闘争バリアの役割を非常に重視しているとともに、党の思想的建設、組織の建設、道徳的行為の建設、制度の建設、反腐敗を継続的に強化する。そして、党の路線、方針、政策を意識的に実行し、党の活動を通じて「両学一做」の教育テーマを推進し、新発展理念で協シングループの生産と運営を指導し、協シンの発展のために力強い思想的動力を注入する。

  • 60プラス

    製造拠点

  • 149ランキング

    中国企業トップ500

  • 4

    傘下上場会社

  • 40000

    い従業員が

協シングループの創設者と代表取締役
第12期全国政協委員
第12期江蘇省政協常務委員
江蘇省商工業連合会副会長
世界太陽エネルギー協議会共同議長
グローバルグリーンエネルギー協議会会長
アジア太陽光発電産業協会会長
中国電気自動車・エネルギー貯蔵協会執行副会長
中国電気学会の熱電専門委員会の副主任
中国僑商連合会副会長

個人の栄誉
改革開放40年中国企業改革メダル
改革開放40年、エネルギー変革の風雲児
改革開放40年エネルギーリーダー40人
70年70企業70人——顕著な貢献を持つ中国企業家
エネルギー勲功・新時代十大民営企業家
2019年新しいエネルギー年度人物のトップ10
2016年中国エネルギー年度人物
2015年経済年度人物のトップ10
2015世界的な新しいエネルギーへの顕著な貢献者
グリーン開発に専念し、人類の生存環境を持続的に改善する

グリーン開発に専念し、人類の生存環境を持続的に改善する

協鑫集團宣傳片

グローバル レイアウト

協シングループは、国家の「一帯一路」の戦略構想に積極的に応え、自身の産業の優位性に基づいて、グリーンエネルギーのグローバル化を推進している。協シンは、日本、イスラエル、米国、中国の上海、南京、徐州、蘇州に科学技術研究開発センターとインキュベーターを設立した。北米、欧州、アジア、オセアニア、中東などの地域でクリーンエネルギー事業を展開し、ベトナム、インドネシア、スリランカ、サウジアラビア、トルコなどにも拠点を設けて、エチオピアとジブチでは東アフリカで最大の石油・ガスのプロジェクトを立ち上げ、クリーンエネルギーへの投資が増え続けていることを示している

  • 海外の電力開発プロジェクト
  • 地熱
  • 水力
  • ガスタービン
  • 風力発電
  • 太陽エネルギー
  • 石油とガス
  • 海外の製造プロジェクト
  • 支店
  • ポート
  • lng 輸送船
  • 科学技術研究開発センター、インキュベーター
  • 中国の上海、 南京、徐州、蘇州
  • アメリカ:セントルイス、ヒューストン
  • 日本、イスラエル
  • 6

    分支機構

  • 80

    科技研發中心

集團網群

協シン(グループ)持株会社

86-512-6853 8285

メディアリエゾン

branding@gcl-power.com

微信公式アカウント

  • 産業レイアウト
  • 協シンについて
  • お問い合わせ
  • ニュースセンター
  • キャリア

凯发娱乐官网 copyright © 協シン(グループ)持株会社 all rights reserved.

版權所有:蘇州鑫之海企業管理諮詢有限公司

| |

關註協鑫
選擇國家或地區/語言中文
集團網群

凯发娱乐官网 copyright © 2022 協シン(グループ)持株会社 all rights reserved.

网站地图